ホーム > 日記 > 処分してしまいたくない

処分してしまいたくない

特定調停という方法も任意による整理とほぼ同じく、それらのお金の貸し手への債務の返済を続けていくことを前置きとした債務整理の形になります。

 

分かりやすく説明すると裁判所がやる借金の整理となります。

 

この手順も任意整理による手続きと似ていますが、破産手続きとは異なり一部の借金だけを整理していくことになるので他に連帯保証人が付く借金以外について検討したい際や自動車ローンの分以外で整理していく際なども適用することもできますし、築き上げてきた財産を放棄してしまうことは必要とされていないので投資信託や戸建て住宅などの自分名義の資産を保有していて処分してしまいたくない場合でも選択肢になる債務整理の手続きです。

 

しかし、後々返済する額と現実の収入を比較検討して、おおむね返済の計画が立つようである場合はこの特定調停による方法を選択するほうが良いですが自己破産手続きと違い借金自体が消えるということではないため借金の量がかなりある場合などは、現実問題としてこの特定調停という選択肢を選ぶのは困難であるということになるでしょう。

 

さらに、この手順は裁判所という機関が間に入りますので弁護士等にお願いしなくても立場が弱くなってしまうようなことはないという点や解決のための諸費用を節約できるという利点がありますが、お金の貸し手からの取り立てに対し債務者本人が対応しなくてはいけないことに加え、管轄の裁判所に幾度も足を運ぶことになるといった留意点もあります。

 

それから、任意整理と比べると、この方法で解決できない場合には金利をすべて含めた金額で返済していく必要がある点や結果としては貸方に対し払っていく総額が任意整理による処理の場合よりも高くなることが多いというような点もあります。

 


関連記事

キャッシュバック現金化|銀行系列の消費者金融業者は...。
余り大きくない消費者金融会社だと、弱みに付け込まれて非常に高い金利で融資を実行さ...
処分してしまいたくない
特定調停という方法も任意による整理とほぼ同じく、それらのお金の貸し手への債務の返...
テスト
テスト記事です。...